« 2006年3月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年5月の2件の投稿

2006年5月 6日 (土)

ミツバチの季節

Tobira_2006_apri_2 ■ひそかに憧れている仕事に「養蜂家」があります。「ようほうか」という言葉の響きも好きです。もともとハチミツ、ミツロウ、プロポリス、ローヤルゼリー・・と日ごろからミツバチには大変お世話になっているわけですが、養蜂家はミツバチはもちろん、自然そのものと共存しながら花を求めて旅を続けるところにロマンを感じます。そして何といっても琥珀色のあま~い「ハチミツ」がもたらす幸福感。素敵な仕事だなあ。■パリではアパルトマンのバルコニーを利用して、定年後に養蜂を生業とする人たちがいると聞いたことがありますが、なんて洒落た老後の過ごし方でしょうか!花の都パリならではの発想ですね。ご近所の寛容な態度があってこそと思いますが・・この新宿(四谷)にも確か洋館を利用した養蜂家がいらしたはずなのですが、最近何かで調べたら廃業されていたような・・。ちょっと寂しい話です。

■私が「ミツバチ」で思い出す映画はふたつ。スペイン映画「ミツバチのささやき」とギリシャ映画「蜂の旅人」です。どちらも少女の存在が印象的でしたが、何といってもいちばん印象に残っているのはミツバチの「羽音」です。そういえいば宮崎駿監督「魔女の宅急便」で主人公キキが草むらに寝転がっている冒頭のシーンも、ミツバチの羽音から始まります。映像作家はミツバチから少女をイメージするのかな?ミツバチの小さな存在が、なんとも愛おしく思えるこの花の季節。機会があったら是非ご覧ください。

| | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

やかまし村の春・夏・秋・冬

Site_tobira_2006_may_002_1 ■昨日の北欧デザイン展につづき、アストリッド・リンドグレーン原作の映画「やかまし村の春・夏・秋・冬」を借りていたことを思い出し、あわてて観ました。なぜか北欧づいている今年のGW。。■リンドグレーン原作の映画といえば「ロッタちゃん」シリーズを何度も何度も観ましたが、国境や時間を越えた「こどもたちの時間」を本当によく表現していると、毎回新しい発見があって楽しめます。(アキ・カウリスマキ監督の「浮き雲」みたいな大人の世界も好きなのだけど)。どちらも昨日の北欧デザインにも通じる「おしつけがましくなく」「でもユーモアもある」感じが、実は日本が(私が)これから目指すべき姿のようにも思います。■そういえば今年は絵本作家の荒井良二さんがリンドグレーン賞を受賞しましたが、ああいう肩の力の抜けた大人が日本にもどんどん増えれば、この国のこどもたちももっと息が抜けることでしょう。学力が世界で何位だとか、経済力がどうのとか、常任理事国入りを目指すだの、どうしてこんなに小さい国がそんなに頑張ろうとするのだろう?と、おエライ人が目指す社会にはかなりの「格差」を感じるのです。話は脱線しましたが、とにかく「等身大の幸せ」とは何かをさりげなく教えてくれる、小さいけれども素敵な映画だと思います(観た後で気づきましたが「ギルバート・グレイプ」や「サイダー・ハウス・ルール」監督のスウェーデン時代の作品なのですね。個人的に前者は特におすすめ)。■そういう我が家には特に北欧デザインって無いんですよね、見渡せば。100%アジアン&和(少し南米&アフリカ)です(笑)。でも「北欧の心意気」みたいなものに不思議と共通点を感じる今日この頃。あ、「かもめ食堂」もお忘れなく(まだ観てないけど)。

|

« 2006年3月 | トップページ | 2006年7月 »