« リトル・ミス・サンシャイン | トップページ | ぼく・わたし »

2007年1月19日 (金)

よるくま

よるくま よるくま

著者:酒井 駒子
販売元:偕成社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

■娘が生まれてから、沢山の素敵な絵本に出会いました。それまではどちらかと言えば写真集の方が好きで、世の中にこんなに沢山の絵本があることにも気づかず、あくせくと暮らしていました。今年は少しづつ、娘と私が好きな絵本をご紹介していこうと思っています。第一回目は「よるくま」です。

■この本を読むたびに、はじめて娘を託児所に預けた日のことを思い出します。彼女が一歳半。この絵本に出てくる「よるくま」みたいな顔をして、お迎えにきた私を見るなり「わーん」と泣き出しました。その時の光景が、絵本の中で必死にお母さんを探す「よるくま」の姿を見るたびに昨日のことのようにキュンと思い出されます。

■でもこの絵本を娘に読んであげると、お仕事をしているお母さんの存在理由が少し伝わるようです。とてもファンタジックな世界ですが、お母さんがお仕事で釣ったお魚を売ってお金に換えて自転車を買う、というリアルな生活感が面白いです。仕事をするお母さんも、少し応援してもらえた気になります。もちろん酒井駒子さんの、独特な宇宙を感じる絵(空間)は親子ともに大好きです。

|

« リトル・ミス・サンシャイン | トップページ | ぼく・わたし »

」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事