« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月の4件の投稿

2010年1月28日 (木)

ユキとニナ

Photo「 期待せずに観にいったら思いのほか面白かった」という評をいくつか目にしたので、
期待してcoldsweats01行ってみました「
ユキとニナ」。

主人公のふたりは9歳。
うちにも似たような8歳児がいるので、
ついつい母親目線で観てしまうのですが、
パリ(たぶん)の子も、東京の子も、同じ会話してるんだなあ・・と。
そんなところは微笑ましく思ってみていました。

が、この映画が一筋縄でいかないのは、
単なる「女の子物語」じゃないというところでしょうか。
日本とフランスの文化の違い。
それは芯は強いがおとなしい思考派ユキ(日仏ハーフ)と
何でもはっきり主張する行動派ニナ(フランス)の
二人の性格の違いにもよく出ています。
どんな場面でもメソメソ泣かない女の子、というのは共通していますが。

一部ではお洒落な「森ガール」映画として紹介されていますが、
それを期待していくと、ちょっと違うかな?と思うかも。
森は象徴として扱われていて、
森そのものの映像としては物足りなさも感じました。
ただ’音’は面白いの。
フランスから日本の森へ。
音風景から変わっていくところは不思議な感覚にとらわれます。

ここ神楽坂は、実はフランス人の町でもあるのですが、
日仏の国際結婚カップルも多いです。
パパが日本語を話さない場合は(ポリシーだと思いますが)、
ママが流暢なフランス語をあやつり、性格もとてもタフな印象があります。

この映画に出てくる日本人ママも、
本当はのんびりした自然の中で育った女性だとわかるのですが、
パリにいるときは、どこかピリピリした雰囲気の女性です。
(まあ離婚間近だというのもありますが)。
パリジェンヌに見えたユキちゃんも、
日本で赤いランドセルを背負うと、娘の同級生みたいに見えるのも不思議です。
でも子供は逞しい。すんなり日本文化に馴染んでいきます。
夫に、というよりもフランス人であろうとすることに疲れたママも、
子供の頃に遊んだ風景に出会い、
本当の自分を取り戻して、これから再生していくのでしょう。

エンディングロールのUA「てぃんさぐの花」は、なんで?っていう感じで、
大人の事情で採用されたのかもしれませんが、ちょっと唐突に思いました。
個性が強い沖縄の歌を使う意味はあったのかなあ・・。
あとは日本の描き方がわりとステロタイプで、
日仏合作というよりは、
限りなく「フランス人からみた日本」になっていたのが気になりました。
そういう意味では、ファンタジー映画なんですけど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

|

2010年1月17日 (日)

Mother Songs 冬から春へ

Image8811昨日はホスピス&病院でMother Songsコンサート
昨年11月のママコレでは「秋から冬へ」でしたが、
今回は季節が変わり冬から春へ。
この国で100年間歌い継がれている
季節の歌や子守歌を選んで、
お話を交えながら演奏させて頂きました。


雲ひとつない青空。
冷たく透き通った空気の中できらきらと輝く光には、
確かに春の気配が感じられます。
大寒から立春へ。
今の季節には「希望」という言葉がよく似合います。
普段、病院生活をされている皆さんにも、
少しでも季節を感じて頂けたでしょうか。
私は皆さんの歌声に元気を、
そして演奏後には嬉しいお言葉を沢山頂きました。
ありがとうございました。

終演後、高校時代の親友の姿を発見。
彼女のお母様はこの病院にお世話になったことがあり、
折しも先週亡くなられたということでした。
友人の人生の節目に、こうして再会することが出来たのは、
音楽が引き寄せてくれる「縁」の力なのかもしれません。
特にMother Songsでは、人の命に関わるエピソードがついてまわります。
不思議だな、と思うのでした。

(昨日の演目)
「雪」(文部省唱歌) 
「冬景色」(文部省唱歌)
「七つの子」(野口雨情・作詞 本居長世・作曲)
「ゆりかごのうた」(北原白秋・作詞 草川信・作曲)
「故郷」(高野辰之・作詞 岡野貞一・作曲)
「さくら」(日本古謡) 
「どこかで春が」(百田宗治・作詞 草川信 作曲)
「春がきた」(高野辰之・作詞 岡野貞一 作曲) 以上8曲

※同場所でのコンサートは、次回2011年1月15日(土)です。

*Mother Songsコンサートについての詳細はこちら→

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

鳥々色々展

Image8731面白そうな展示があるよ、と荒木珠奈さんに教えてもらって、お天気もよいので家族で井の頭自然文化園に行ってきました。
ここは小鳥隊長も入会している日本野鳥の会の拠点にもなっていて、実は「鳥もの」が普段から充実しているんです。

ブーゲンビリアの咲く熱帯植物園には珍しい鳥も放されていて、今日は新しく「アカショウビン」が仲間入りしていました。

そしてこの「鳥々色々」展は、美術家も注目するほどアートワークが素敵なのですが、
フライヤーの画像がネット上にほとんど無いのが残念です。
内容的には、特に目新しさはなくても、
「チョットコイ研究所」と名づけられた展示室には、
ひとつの独特な世界感があって、
美術展のように楽しむことが出来ました。

Image8691たとえば小鳥の頭蓋骨。
親指半分ほどの小さな骨が、
こうして並べられていると、
なんだかとても愛しいものに思えます。
そしてとても美しい。

自然科学もアートも、
結局、最終的に目指す場所は同じなのだなと、
最近そんなことをよく思います。
もちろん音楽も。

この展示は2月いっぱい続きます。
子供たちに大人気でしたが、おとなの方も是非。

このテの展示につきものの剥製も2体ほどで(カラスとスズメ)、
剥製恐怖症の私でも、安心して観られる内容となっていて◎。

井の頭自然文化園サイト→

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | トラックバック (0)

2010年1月 7日 (木)

センス・オブ・ワンダー

Image8571あっという間にお正月も明け、
皆様いかがお過ごしでしょうか。
年賀状、そして年賀メールを下さった皆様、
ありがとうございました。

私は来週のコンサートに向けて調整中。
ほんとにこの’調整’という言葉が、

年々身に染みるようになりましたgawk
心身共にコンディションを整えること。
実際に楽器に触れる以上に
演奏にとって大切なことになってきました。

非公開のホスピスコンサートでは、
Mother Songs 早春編
を予定しています。

大寒から立春までの、今の季節ならではの、
(寒さの中に春(希望)を感じられる)

そんなプログラムにしたいと思っています。

100年前の日本の童謡や唱歌は、
文部省唱歌として「作者不詳」となっているものも多いですが、
私が選ぶ作品は不思議と、

岡野貞一さんと、草川信さんの作品が多いです。
あとで知りましたが岡野さんはクリスチャン、
草川さんは御兄さんが教会でオルガニストをされていたとか。
どちらの楽曲にも、東洋的な中にも賛美歌の影響があるような気がします。
私はクリスチャンではありませんが、
最初に入った幼稚園が函館のカトリック教会だったので、
賛美歌を始めとする教会音楽は今でもどこか懐かしい感じがします。
私の即興演奏がよく馴染むことも、偶然ではないのでしょう。

あとは岡野貞一&高野辰之さんのゴールデンコンビはもちろん、
野口雨情(七つの子)、北原白秋(ゆりかごの歌)といった、
日本を代表する詩人たちの描く世界の可愛らしさ。

ちいさな命を愛で、自然を尊び共にあること。
まさに、レイチェル・カーソンが晩年に記した
「センス・オブ・ワンダー」そのものです。
それは彼女が言葉にするずっと前から、
私たち日本人(アイヌ民族も)の中にも、脈々と
存在している感覚です。

彼らの歌詞を思い浮かべながら(時に歌いながら)弾いていると、
私もどこかの里山にいて、
春の訪れを待ちわびる小鳥にでもなったような気持ちがします。
その何とも言えない喜びを、
音楽を通して一人でも多くの方と分かち合えたら嬉しいです。

「自然がくりかえすリフレイン~夜の次に朝がきて、
冬が去れば春になるという確かさ~のなかには、
かぎりなくわたしたちをいやしてくれるなにかがあるのです」
(センス・オブ・ワンダーより)

センス・オブ・ワンダー Book センス・オブ・ワンダー

著者:レイチェル・L. カーソン
販売元:新潮社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »