« 2010年9月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の2件の投稿

2010年11月20日 (土)

プラネタリウム ご来場ありがとうございました!

Image0031 昨日の星空コンサート「シタールとピアノで紡ぐ~インド星物語」には、思いがけず沢山のお客様にご来場頂きました。
ありがとうございます。

ペルシャから東西に分かれて発達していった二つのスチール弦楽器が、こうして長い長い時を経て、極東の島国で出会っているという面白さが、私の中にもありました。
遠い親戚の叔父さんに会ったような(笑)。
皆さんも、星空の下でシタールとピアノの共鳴に包まれていると、
どこか懐かしい気持ちがしたのではないでしょうか。
地球はやっぱり音楽でつながっているのですね。

(昨夜の演目)

1 シタール&ピアノ 即興 ~旅する音楽・インドへ~
2 月のラーガ(チャンドラコーンス) シタールソロ
3 ノルウェイの森 (ピアノ&シタール)
4 インド星物語~北斗七星(七人の仙人) 朗読&波紋音
5 秋のラーガ(ヘマント) シタールソロ
6 印度の子守唄(リューランス作曲) ピアノソロ
7 とんぼのメガネ ピアノ&シタール
8 アンコール(シタール&ピアノ 即興)

演奏・伊藤公朗(シタール) ササマユウコ(ピアノ・朗読) 全70分

ヨガの呼吸が感じられるような、
どこか日常を離れた、ゆったりとした時間を感じて頂けたなら幸いです。
終演後のお客様が、なんとなくすっきりとした笑顔で帰られていく姿が印象的でした。

伊藤公朗さんとのセッションは、この後も色々な場所で展開していきたいと思います。
ピアノのあるお寺、綺麗な空気が感じられる場所,、もちろんピアノのあるプラネタリウム・・など。「ここでやって!」というリクエストがありましたら、どうぞお気軽に情報をお寄せください。

■メールはこちらまでどうぞ

| | コメント (0)

2010年11月18日 (木)

プラネタリウム星空コンサート2010「シタールとピアノで紡ぐ~インド星物語」 伊藤公朗×ササマユウコ

2010c_2

本日開催です。
当日券は18時30分より先着順。


北インドの楽器シタールも、ピアノも、実はペルシャ起源の楽器が進化したもの。遠い時空を越えて、東西のスチール弦が響き合います。伊藤公朗(コウロウ)さんは30年前にインドに渡り、高名なナーダ・ヨギの弟子となり、リシュケシュを始め
インド各地で長年研鑽を積まれたシタール奏者の第一人者。現在は東京にご家族で住まわれ、音楽家からも親しまれ尊敬されている方です。シタールを聴いたことの無い方、ヨガに親しまれている方、どうぞリラックスして、星空の下で深呼吸してください。

お問合せ(※新宿未来創造財団 学習・スポーツ課03.3232.5121

・・・・・・・以下ちらし転載・・・・
世界の民族音楽×ピアノ 好評シリーズ第三弾です。今年は北インドのシタール。イマジネーション豊かに広がる奥深い響きと、そこから感じられる壮大な宇宙の法則。ゆったりとした時の流れをお楽しみください。

即興と共鳴。響き合うスチール弦の世界に包まれながら、満天星の旅に出かけてみませんか?

出演Kourou_profi伊藤公朗(シタール)
  Anjali Indian Music www.anjalimusic.jp

 

ササマユウコ(ピアノ・進行)
  音のまにまに www.otomani.com
Sasama_profi_hoshi_2 

日時・11月19日(金) 19時開演(18時半開場)

場所・新宿コズミックセンター8階 プラネタリウム http://www.regasu-shinjuku.or.jp/?p=683

定員・140名 

入場料 1500円

当日券 ※当日18時30分より発売します。会場にお問合せください。

■効果音 斉藤鉄平(波紋音)
■音響  石橋守
■コーディネイト ササマユウコ

協力
生きものの音プロジェクト(石井寿枝) http://ikimonooto.exblog.jp/
BABY in ME+サポーターズ   www.baby-in-me.com
アナンダ工房           www.anandakobo.com
BEN-TEN Records              http://www6.ocn.ne.jp/~ben-ten/

主催・ご予約 (公益財団法人)新宿未来創造財団 
                            学習・スポーツ課03.3232.5121

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年12月 »