« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月の1件の投稿

2010年12月 2日 (木)

印度の子守唄 by リューランス

先日のプラネタリウムコンサート「シタールとピアノで紡ぐ~インド星物語」の中で、
ピアノソロで弾かせて頂いた曲。
コンサートの中でも少し触れましたが、
この曲、’いわくつき’というか何というか、とにかく興味深いのです。

まず歌っているのが戦前のオペラ歌手・関屋敏子
彼女は日本の童謡、子守唄も数多く録音していますが、30代後半で自らの命を絶っています。
理由については定かではありませんが、母方にアメリカ人の血を引く彼女は、
きっと美女だったに違いありません。
ゾルゲ事件’に関係した暗殺説(愛人説)まであって、ミステリアスな人生です。

そして作曲は、アメリカのリューランスという音楽家。
彼についての資料はあまり残っていないのですが、
いくつかの文献によれば「アメリカ・インディアン音楽の研究に生涯を捧げた」という記述が出てきます。
ん?アメリカ・インディアン?

そして訳詞の堀内敬三
あの’浅田飴’の三男坊である彼は、
ジングルベルやアニー・ローリーなど童謡の名曲を数多く訳していますが、
実は戦前に、アメリカのマサチューセッツ工科大への留学経験もあるエリート。
アメリカインディアンと、インドを間違えるとも思えず・・・。
しかしこの「印度の子守唄」は、彼の著作権資料を調べても見当たりません。
なぜ??

さらに彼には、もうひとつのペンネームがありました。
その名も「安谷 鎮雄」。
アヤシイゾ・・を文字ったものだと言います。

むむ。確信犯だったのか?

しかし歌った関屋敏子はそのことを知っていたのか?
そして当時、このちょっとエキゾチックな子守唄は
どれくらいの人たちに知られていたのでしょうか。

とにかく色々な憶測を呼ぶ、今年の忘れられない一曲です。


| | コメント (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »