« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の3件の投稿

2011年9月25日 (日)

朱花(はねづ)の月

Photo

中学高校と修学旅行は京都・奈良だった。
東京郊外の新興住宅地に子供が爆発的に増えている頃で(確か11クラス)、
旅行の予算も無かったのだろう。
その後、京都は何度も足を運んでいるのに、
奈良はその時の2回だけ。
けれども強烈に印象に残っているのは法隆寺の百済観音と、自転車で一周した明日香村の澄んだ空気。
そう、どちらも奈良。
そしていつでも心のどこかで、また奈良に行きたいと思う自分がいる。

私は河瀬直美監督が撮る奈良が好きだ。
奈良の森の深い緑や、古来からつづく深遠な空気を、
皮膚感覚で映像に捕らえることの出来る世界で唯一の監督。
彼女の撮る緑色はとにかく美しい。

そして今回は朱色。
紅花やくちなしの赤は、まさに血の色。
赤と緑が織り成す複雑な男女の物語には、暗示的に血の匂いがつきまとい、
そしてある意味’約束された’結末を迎える。

一見ほっこり雑誌にも登場しそうな爽やかな光と、それに対比される闇。
一筋縄ではいかない心の機微が、時空を越えて細部に織り交ぜられている。
万葉集の歌に思いを馳せながら、
やっぱり男と女は永遠にわかりあえないと思ってみたり、みなかったり。

そして何より驚いたのは、
主人公が自転車で駆け抜ける明日香村が、
十代の頃に自分が見た風景と何ひとつ変わっていなかったこと。
いま、自分をとりまく世界はこんなにも大きく変わってしまったのに、
あの場所は古来から変わらずに、今日も存在する。
その尊さと悠久の時の流れに、どこかほっとする自分がいた。

http://www.hanezu.com/

| | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

さようなら原発 明治公園6万人デモに参加しました

Demo1_2

作品に色が付いてしまうかな・・と、デモというものとは距離を置いて生きてきましたが、
こんな事故が起きて、子供たちがセシウム牛乳を飲まされているのに、
もう親として黙っていられない、と。
6.11に続き、二度目のデモ。今日は夫婦で参加しました。

明治公園には6万人が集まり、思い思いのプラカードや仮装をして、
静かな怒りとともに、とても平和的な空気が流れていたと思います。
放射能という同じ恐怖にさらされながら、生き抜こうとしている同志たち。
思想や主張を越えて、生きものとして響きあう命によってつながっていた。

写真は、目の前にいた福島から参加した人たちの旗。
彼らの言葉は、涙なくしては聴けませんでした。
このビデオの37分頃、ハイロアクション武藤類子さんの言葉を是非聴いてください。
http://www.youtube.com/watch?v=k5Q5cRWpQaU&feature=youtu.be

これが本当に今の私たちの国で起こっていることならば、
東日本だけじゃなくて、すべての人たちに、もっともっと知ってもらいたいと思いました。
戦争は知らないけど、戦場より酷い。

この6万人の中で、ピーター・バラカンさんにお会いしました。
おひとりでデモに参加されていました。
ラジオ出演から2年ぶり?かな?
あの時は「私は音楽バカです」なんて無邪気に話していましたが、
こんな再会が待っていようとは夢にも思わなかったし、色々とお話も出来て、
心強く思いました(最近のお弁当問題で孤独だったので)。
まさに「生きものの音」がつないでくれた縁です。

テレビの報道では色々と歪曲されているようですが、
6万人が集まり、ノーベル賞作家の大江健三郎さんを先頭に、
落合恵子さん、澤地久枝さん、山本太郎さん等のメッセージがありました。

そして街行く人よりも、明らかにデモ行進してる人の方が多かった。
一般人は正気です。
それでもまだ、国民の8割はいらないっていってるのに、
お金のために原発を再稼動させようとしている一部の人たちは、間違ってるよ。
いや、正気を失ってる。

空撮で見るとこんなに人がいっぱいなのに、NHK7時のニュースはスルー
日本のテレビはやっぱり、本当のことを言わないメディア。
ドイツの方がよっぽどまともに報道してくれてます。
http://www.youtube.com/watch?v=CBGWW2XeGfw&NR=1

| | コメント (0)

2011年9月18日 (日)

9.19 明治公園  さよなら原発 1000万人アクション

先週から、セシウム牛乳を拒否してお弁当持参の口火を切りました。
昨夜は妹家族の住む街が、マイクロホットスポットと判明。
じわじわと、確実に、私たちの生活、命は放射能に侵されています。

原発事故前の普通の生活に戻りたい。
でもそれはもう一生涯叶わぬ夢ならば、
次世代、その次の世代に、これ以上負の遺産を残さないことが、
せめてもの、人としての償いではないでしょうか。

実は6.11につづき、脱原発集会に参加するのは二度目ですが、
あれから何も変わっていないどころか、
どんどん事態は悪い方向に進んでいる気がします。
年内に原発再稼動?冗談じゃありません。
もう我慢できない!そう思った方は、どうぞ参加してください。

http://sayonara-nukes.org/2011/09/110919_s-2/#more-422


|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »