« みえる、みえない 映画「ミルコのひかり」 | トップページ | 今年もよろしくお願いします。 »

2011年11月23日 (水)

弘前にて

111122_080903

研究生をしている弘前大の今田匡彦研究室に。
マリーシェーファーの資料や、サウンドエデュケーション(音のワークショップ)の考察。

弘前は初めてだったけど、ちっともそんな感じがしなかったのは、
函館の記憶ともどこか重なるものがあったからかもしれない。
基本的に、自分は北の人間だと思う。

研究テーマについては専門的になるので、ここでは省きますが、
そんなこんなで今年、自然なかたちで東北とつながった。
来年もここから始まるのだ。いろいろ。

まさに「世界の調律」に出会った10年前から、
まるで約束されていたような不思議な縁を感じた二日間だった。
研究の資料は山積みだけど、こうなったら、やるしかないでしょう。
うん、やる。
それは後に続く世代のためなんだと、
今田先生の授業を見ていて凄くシンパシーを感じた。
同じエリアの文化を吸収した同世代の存在は大きい。
本当に、この先生でよかった。

時代や経済のせいにして絶やすには惜しい文化の灯がある。
バブル期に受けた文化の恩恵を、
時代に沿うかたちに変えながら、やっぱり今の若い人たちにも継承しないといけない。
芸術は、間違いなく人生を豊かにしてくれるから。

111122_080704

そして帰ってきてから気づいたのだけど、
私は数年前にすでに弘前に出会っていたのだった。
神楽坂の近くにある青森物産館で。
どこかアイヌ文様にも似た弘前こぎん研究所の文様が妙に好きで、ストラップを擦り切れるまで使ってた。
まるでお守りみたいにね。
また買って帰ってきた。

111122_080321

お城を見たりする時間は無かったけど、
街のモールに子供たちの小さな足型があって、子供が大切にされてる優しい街だと感じた。
木製の看板たちは、まるでヨーロッパのよう。
戦火を逃れた旧い街なので、懐かしい同潤会アパート風の建物もたくさん残っている。
城下町だけど、教会と洋館の多い街。
ついでに珈琲の街。

縁の深い街となりそうです。

日々のつぶやきはツイッターで
@lifeasmusic

|

« みえる、みえない 映画「ミルコのひかり」 | トップページ | 今年もよろしくお願いします。 »

ワークショップ」カテゴリの記事

音の記憶/サウンドスケープ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« みえる、みえない 映画「ミルコのひかり」 | トップページ | 今年もよろしくお願いします。 »