« 2013年10月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年1月の3件の投稿

2014年1月21日 (火)

「音のワークショップ」から考察した「つむぎねメソッド」

Ongakukyouikugaku_wsこのたび、2013年10月13日に弘前大学で開催された音楽教育学会第43回大会・共同企画Xワークショップ『「音のワークショップ」の未来的考察」~「つむぎねメソッド」が紡ぐサウンドスケープ体験から」の報告書が『音楽教育学第43巻第2号』に掲載されました。

企画・コーディネイト:今井裕子(ササマユウコ)
ファシリテーター:宮内康乃(作曲家・つむぎね主宰)

大会で実施されたワークショップ報告と考察です。
現在、音楽分野のみならず美術や舞台関係からも注目を集めている「つむぎね」の音楽がどのように生み出されているのか。その方法論を宮内さんが実践・解説し、現在の音楽教育現場への有用性についてササマが考察しています。

音楽のみならず芸術教育(美術、ダンス、演劇等)の関係者、学校の先生またワークショップ関係の方に読んで頂けましたら幸いです。ご興味のある方は件名に「つむぎねワークショップ」と入れて、メールにて,お問い合わせください。よろしくお願いいたします。

(参照) つむぎね http://www.tsumugine.com/

宮内康乃 http://www.yasunomiyauchi.com/

|

2014年1月 1日 (水)

謹賀新年

2014年、幸多き一年となりますように。

17_2

 

|

2014年もよろしくお願いいたします。

Hirosaki_sora  2013年は、素敵な出会いに恵まれ、またサウンドスケープ思想の研究と自治体生涯学習の仕事に明け暮れた一年でした。時には挫けそうになるくらいめまぐるしい日々を送る中で、私自身がいま何を役割とすべきなのか、震災から3年近くかかりましたが、ようやく一筋の光が見えた一年でもありました。

 2013年12月末の日本音楽教育学会発行『音楽教育学』第43巻第2号では、10月に弘前大学で開催された大会でコーディネイトをさせて頂いた、つむぎね主宰の宮内康乃さんとの共同企画ワークショップ『「音のワークショップ」の未来的考察~「つむぎねメソッド」が紡ぐサウンドスケープ体験から~』の報告を本名で掲載しています。ご興味のある方には抜き刷りをお渡しできるように準備を整えていますので、今しばらくお待ちください。
 また3月に発行される同じく日本音楽教育学会『音楽教育実践ジャーナル』では、この3年間のサウンドスケープ思想研究と実践の報告『「内」と「外」をつなぐ柔らかな耳~音のワークショップ、あるいは気づきのプロセス」が掲載される予定です。こちらも後日詳細を告知いたします。

 震災がきっかけとなりましたが、弘前大学大学院今田匡彦研究室に社会人研究生としてお世話になり、この3年間は主に音楽の「内側」に言葉を発してきました。この2014年は気持ちもあらたに、さらに様々な分野の研究者や実践者とつながりながら、子どもから大人までが心がわくわくするような芸術教育ワークショップを展開できればと思っています。
 どうか、私自身が「内」と「外」をつなぐ柔らかな存在となれますように。

どうぞよろしくお願いいたします。

2014年1月1日 ササマユウコ 【写真は2011年に初めて訪れた弘前の空】

|

« 2013年10月 | トップページ | 2014年3月 »