« 弘前大学 第7回国際シンポジウムに参加しました | トップページ | コネクト通信11月号更新中です »

2014年10月29日 (水)

『リー・ミンウェイとその関係』展

〇展覧会の詳細についてはこちら をご覧ください→

Photo_2

Photo週末に広尾の聖心女子大で日本音楽教育学会が開催されたこともあり、気になっていた『リー・ミンウェイとその関係展』(六本木ヒルズ・森美術館)に立ち寄りました。

 先日訪れたヨコトリの釜ヶ崎芸術大学もそうでしたが、コミュニティ・アートやリレーショナル・アートと呼ばれる作品や手法に深く共感する今の自分を再確認しました。数年前から周囲の表現者たちがコミットしている場所が実感として確認できたというか。さらに「コミュニティ・ミュージック」や「リレーショナル・ミュージック(という言い方は不思議とお目にかかりませんが)」に置き換えて考えてみると、サウンドスケープ思想につながっていくのが何より興味深いです。ヨコトリ同様ここでもケージの4’33が展示されている。その系譜であるシェーファーも禅やヨーガに影響を受けています。「コミュニティ音楽療法」(若尾裕著、『音楽療法を考える』、2006)の捉え方やミュージッキングにもつながっていく。美術と音楽の境界が良い意味で’曖昧’になり、一気に世界が広がるような、閉じられがちな「表現」という世界に風穴が開いたような清々しさも感じるのでした。

 アール・ブリュットが「生の芸術」とすれば、リレーショナル・アートは「つながるための芸術」。両者の大きな違いは、制作プロセスに「他者」の存在があるか否かという点でしょうか。アール・ブリュットは基本的には他者とのつながりや公共性を目的として作品を生み出すのではなく、内側から湧き出る生命そのものの芸術と言えます。それが結果として鑑賞者の心に響き、作品と鑑賞者がつながることはあっても、そもそも発表することが制作の最大の目的ではないわけです(だからこそ胸を打たれるのですが)。
 アール・ブリュット(仏)の一般的な英訳としては「アウトサイダー・アート」が使われます。これを’障害者アート’に置き換えることは、’普通’を内側に置いた発想なので個人的には好きではありませんが、マイノリティという本質は捉えているとも言えます。一方リレーショナル・アートは、モノではなく制作過程に生まれるコトが重要です。源流となる作者自身の在り方や思想、つまりヒトが全てであるとも言える。鑑賞者の参与を含む他者とのつながりを目的にした(また公共性を視野に入れた)作品であれば、もちろん作者がマイノリティやアウトサイダーでなくても構わないわけです。

 最初のセクションで提示される「関係性、つながり、あいだについて考える」というテーマは、まさにCONNECT/コネクトでも私が目指しているところです。ここでは、サウンドスケープ思想を「内と外をつなぐ関係性」と捉え直し、その考えを軸にネットワークを組み立てています。ですからネットワークはひとつの「リレーショナル・ミュージック」のような音風景として広がっていくでしょう。サウンドスケープから生まれた「サウンド・エデュケーション」は、リレーション(あいだや関係性)を考えるきっかけも与えてくれるのです。そしてこの「関係」の出発点は自分の「内」に向き合うことから、つまり「音の記憶」を辿ることから、自分の内側の「中心点」であることに気づいていきます。道教の内経図も興味深かった。
 会場には作品に関連したサウンドも流れていましたが、基調となるのは「静寂」でした。静かに内を見つめ、外との関係性について考えるひとときは、喧騒の中で忙しく生きる都会人には切実に欠けている場と時間です。願わくば、事前申込制の各参加型作品に、どのような方が応募されたのかも知りたいところ。今や国際的な観光スポットとなった森美術館で、文化や風土を越えて、何より作家(リー・ミンウェイ)と能動的に「つながろう」と思うヒトの存在こそが未来への希望だと思うからです。

|

« 弘前大学 第7回国際シンポジウムに参加しました | トップページ | コネクト通信11月号更新中です »

Life as Music/暮らしと芸術」カテゴリの記事