« 森の中をあるく | トップページ | 2015年3月11日 »

2015年2月24日 (火)

大丈夫?赤ちゃんの耳

Hana_letter(このページを訪ねて下さったママたちへ)
アーティストといっしょに、ちょっと不思議で素敵な絵本の時間を過ごしませんか?ワークショップ「空耳図書館 おやこのじかん 」のご案内です。

私は耳鼻科のお医者さんではないけれど、
「耳を傷つけてはだめ」というM.シェーファーの教えを知ってもらうために、サウンド・エデュケーションのワークショップに入る前には、ママパパや子供たちに、
「耳の大切さ」についてお話させていただいてます。

以前こちらでもご紹介した「蝸牛」の絵を見てもらいながら、
耳の中にも小さな貝があるんだよ(自然界と同じだよ)、とか、
耳はとっても我慢強くて普段はなんにも言わないけれど、
あんまり大きな音をイヤフォンなんかでずっと聞いていると、
ある日突然「もう疲れた」って、
音を聞くのをやめてしまうこともあるんだよ、とか。

そうやって言葉で説明できる世代はまだいいのです。
今すごく気になっているのが「赤ちゃんの耳」。

最近は、野外フェスやコンサートでも子連れの人が増えたし、
BGMがガンガンに流れている109なんかのフロアでも、
ベビーカーを押したママたちを普通に見かけます。
そんな姿を見るたびに、「赤ちゃんの耳、大丈夫かな。。」と心配になります。

赤ちゃんは自分が興味のある音しか聴いていないし、
うるさい音でも好きならばストレスにならない、といった、
「都合耳」という言葉があります。
でも、これは「耳」ではなくて「脳」や「心」のお話。
鼓膜や内耳といった「機能」のお話ではないのです。
これを誤解すると大変。

だって、耳には「蓋」がついていませんよね?
見たくないものは「目を閉じる」という「目」とはここが大きく違います。
大人の耳だって、ロックコンサートの後で耳が「キーン」として、
なかなか元に戻らない経験をした方は沢山いらっしゃるのではないでしょうか。
スタジアム級のコンサートをするメジャーアーティストの耳が、
実は片方ダメになっているというお話もよく聴きますよね。
あれはおそらくモニターをイヤフォンで聞いているのと、
普段からレコーディング等で大きな音を耳に入れすぎているのが原因。
「職業病」だと思います。

赤ちゃんは、自分の耳が傷ついていてもたぶん気が付きません。
もし気づいていても、それを伝える言葉を持っていません。
ママやパパが赤ちゃんの耳を傷つけてしまっていても、
それに気づくことはもっと難しいかもしれません。

音は空気の振動です。
その揺れた空気が耳の穴から中に入って「鼓膜」を揺らすと、
その振動が中耳から内耳を伝わって脳に音情報として伝達されます。
ひとことで「難聴」といっても原因は様々ですが、
明らかに「音」が耳を傷つける場合、
最初に音を受け止める「鼓膜」が傷つくのです。
イメージとしては、大きな音はそれだけ鼓膜を強く押したり揺らしたりするから、
それをずっと続けていると、
鼓膜も音に負けないように厚くなったり固くなったりして、
だんだん揺れなくなってしまう(音を伝えづらくしてしまう)という感じでしょうか。
もっと怖いのは、思い切り叩いた太鼓の皮は破けてしまう。
そういうこと。
耳をたたくことも、大きな音を聞くことも、原理は同じです。
大きな音は「触覚」でもあるのです。

だから耳の中にイヤフォンを入れて音を聞くというのは、
本来ならば、耳が拾って穴を通ってくるはずの空気の揺れが、
ダイレクトに鼓膜に当たっている状態。
耳がどれだけ疲れるか、想像つくでしょうか?

耳は何も言ってくれない。
だから私たち「持ち主」が想像力を働かせて守るしかありません。
赤ちゃんの耳の責任は、周囲の大人たちにあると考えることが大切です。

最近は子供用の耳栓や、ノイズキャンセリング機能があるイヤーマフもあるそうです。
出来ればそういうものが必要な場所には、
子供の耳が出来上がるまでは連れて行かないのが理想です。
でもどうしても。。ということであれば、
赤ちゃんの耳を守る手段を得てから、どうぞお出かけくださいね。

|

« 森の中をあるく | トップページ | 2015年3月11日 »

サウンド・エデュケーション(M.シェーファー関連)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 森の中をあるく | トップページ | 2015年3月11日 »