« 「即興カフェ・番外編」 トゥバ民謡の音宇宙 | トップページ | 毎月11日更新 コラム『inside/outside』 »

2017年9月 7日 (木)

最近の活動について

SNSや専用サイトでの発信が多い状態です。日々の活動をご覧になりたい方は個人サイト にどうぞ。

2011年の東日本大震災を機に始まったササマユウコの「サウンドスケープ研究」の旅。弘前大学大学院今田匡彦研究室(2011~2013)をはじめ、若尾裕先生、豊かな「音のない音楽」を教えてくれた映画『LISTEN』の監督おふたり、新井英夫さん、路上観察仲間(劇団青年団の皆さん、泥沼コミュニティ)、演奏即興(ナハマノヴィッチ氏)、表現の自由(作業所カプカプ)、空耳図書館から生まれたaotenjoをはじめ、まだまだ本当に沢山の貴重な出会いや学びがありました(そして今も続いています)。

2014年にはサウンドスケープを「耳の哲学」と捉え直し、「内と外の関係性」から世界を見つめる考察・実践拠点に芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト」を立ち上げました。ここでは現在も、音楽領域を越えて様々な分野のアーティストや研究者たちと活動しています。

コネクト活動の4年目となる2017年も早いもので後半に入りました。この3年間の活動で編まれたサウンドスケープを振り返ったとき、「音楽家としての私」にとってもミッションとも言うべき「ふたつのプロジェクト」が、ほぼ同時に立ち上がりました。2011年以降は学術的な言葉の構築に全力を注いでいましたので、音を出すことからは意識的に離れていました。しかし素晴らしいアーティストたちとの出会いから、再び「音」と向き合う機会が増え、新たな気持ちで原点に回帰しつつ、未来を見つめているのが今の状態です。

今後も前例のない「音楽家」として、サウンドスケープ哲学を軸に「Lief as Music 音楽のような人生」を実践していきたいと思います。日々の情報はFacebook等を覗いてみてください。どうぞよろしくお願いいたします。ここも時折更新します。
(2017.9.6.ササマユウコ)

__2

◎即興カフェ
サウンドスケープの哲学から「新しいオンガクのかたち」を実験する即興演奏家のプロジェクトです。






◎「聾と聴の境界をきく~言語・非言語対話の可能性

(助成:2017アートミーツケア学会青空委員会)
人と人を分けるものは一本の境界線ではなく、グラデーション状の帯ではないか?
メンバー(雫境×米内山陽子×ササマユウコ)それぞれの世界(聾・CODA・聴)を行き来しつつ、言語・非言語対話の可能性を通して「境界とは何か」を探ります。

Noutanartspace

|

« 「即興カフェ・番外編」 トゥバ民謡の音宇宙 | トップページ | 毎月11日更新 コラム『inside/outside』 »

Life as Music/暮らしと芸術」カテゴリの記事