« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月の3件の投稿

2018年1月24日 (水)

(記録)即興カフェVol.3@HADEN BOOKS『音と言葉のある風景』笙・ストリングラフィ・ピアノ・言葉

即興カフェVol.3『音と言葉のある風景』

2018年1月20日(土・二十日正月) 実施
音を編む人:石川高|笙・古代歌謡
鈴木モモ|ストリングラフィ
ササマユウコ|アップライトピアノ
言葉を編む人:國崎晋(Sound&Recording編集人)

会場:南青山 音と言葉HADEN BOOKS
協力:浦畠晶子

「即興カフェ」はサウンドウケープの哲学から新しいオンガクのかたちを実験する音楽家たちのプロジェクトです。不定期開催中。

◎当日(2時間)のダイジェスト版(約6分)はこちらからご覧いただけます。
http://www.facebook.com/improcafe/

11_2

Photo_5

10_2

Photo_4

Photo_3

Photo_2

| | トラックバック (0)

2018年1月21日 (日)

【満員御礼】即興カフェ3「音と言葉のある風景~What's is Music?」

Photo_2

2018年1月20日(土・二十日正月・大寒)。青山にある素敵なブックカフェHADEN BOOKSにて開催された『即興カフェVol.3 音と言葉のある風景』。当日偶然にお立ち寄り頂いた方も含め、定員を越えるお客様と共に楽しく終了いたしました。ご参加頂いた皆様、ありがとうございました。
 今回は『音と言葉』をテーマに、演奏者たちがあらかじめ提出した言葉をおみくじにした「コトバ譜」を使いながら、言葉との偶然の出会いと即興セッションを試みたり、古代歌謡の歌詞を現代語に置き換えて言葉の時空を越えたり、言葉と音についての談義をしたり、さまざまな実験と対話を繰り広げながら、通常のコンサートとは一味違う「音楽の時間」をお楽しみ頂きました。(写真はリハ風景)

 言葉の枠に音を閉じ込め、あるいは言葉から解き放たれたりする中で、内側から出てくる音や共演者(他者のオト)との関係性の変化が参加者の皆さまと共に実感できたのが興味深かったです。結局最後は「音楽に言葉はいらないのでは?」という「本日の結論」で参加者一同が納得したかたちとなりましたが、言葉によって「しばられる」ことで反対に生まれるクリエイティビティも発見できたことは興味深かったです。
 「ロゴスに囚われるな」とは、哲学音楽論を展開する弘前大学今田研究室でも合言葉のように言われていましたが、2011年以降、自らの音楽の拠り所として言葉(ロゴス)を探求していくうちに、いつの間にか「根源」を忘れつつあったかもしれないと、個人的には初心に戻るような時間となりました。またアップライトピアノをひとつの「音の箱」と捉え直し、平均律を脱構築するような試みもしてみました。現代音楽のプリペアドピアノとは違いますが、鍵盤だけでなく楽器全体を「音具」とみることで、アップライトの可能性は一気に広がる気がします。アナログでどこか滑稽でもあり愛らしくもある機構の仕組みも含め、最近は近代化の工業製品と楽器の間に存在するようなアップライトピアノへの興味が尽きません。
(写真はストリングラフィの糸を括りつけたところ)。

Photo_3

坂本龍一氏の新作『Async』を始め、いまや世界的な笙奏者となった石川高さんとは、実は15年前にCD『月の栞』(ササマユウコ・坂田梁山・石川高)でご一緒しています。その後は2008年に新宿区のプラネタリウムにて、斉藤鉄平さん作の波紋音とピアノの共演なので、今回は実に10年ぶりの再会となりましたが、時の流れを感じることはありませんでした。そして今回のもうひとりのゲスト『Sound&Recording』編集人の國崎晋さんは、実は石川さんと同じ大学の哲学科ご出身。(かくいう私も同じ大学の教育学科の出身です・・)。同じ時期に狭い四ツ谷のキャンパスに通いながら一度もお目にかかったことがなく、こうして卒業後に音楽の糸で巡り合った不思議な関係なのでした。今回、空間に張り巡らされた鈴木モモさんのストリングラフィが、細くつながる時間の糸を象徴しているようでした。
Photo_4
受付をお手伝いして下さった浦畠晶子さんも音楽家・ピアニストで、こちらも実は20年来の劇場仲間です。
音楽によってつながる人の縁。それが糸のように編んでいく音の風景が、今回のいちばんのサウンドスケープだったかもしれません。会場の皆さんもとても暖かい雰囲気で、即興の緊張感はありましたが果敢なチャレンジも出来たかなと思います。ご協力頂いたHADEN BOOKS林下さまも、ありがとうございました。

◎サウンドスケープの哲学から新しいオンガクのかたちを実験する音楽家たちのプロジェクト「即興カフェ」は不定期で開催しています。
次回告知はFBの専用ページ をフォローしてくださいね。http://www.facebook.com/improcafe/

| | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

【1月20日開催】即興カフェVol.3『音と言葉のある風景』

Photo_4

即興カフェVol.3
「音と言葉のある風景~夢を見たのです」開催

1月20日(土)15時~17時
HADEN BOOKS@南青山www.hadenbooks.com

【音を編む人】
石川高(笙・古代歌謡)
鈴木モモ(ストリングラフィ)
ササマユウコ(アップライトピアノ)

【言葉を編む人】
國崎晋(Sound&Recording編集人)

「即興カフェ」は2015年1月に開催した「音楽×やさしい哲学カフェ」(ゲスト:弘前大学今田匡彦教授 @日本橋DALIA食堂)を前身に、「サウンドスケープの哲学から新しいオンガクのかたちを実験する音楽家のプロジェクト」です。今回はその第5回にあたり、「音と言葉」の不思議な関係を実際に「演奏する身体=音」を通して考えたいと思います。
 音(非言語)でのコミュニケーションを軸とする音楽家にとって、そもそもコトバの存在とは何でしょう?「歌」にとって、コトバの「音」と「意味」はどちらが大切なのでしょう?音楽や音をコトバに変えることと、コトバを音や音楽に変えることの違い。コトバの「何が」音楽に、音楽の「何が」言葉に変っていくのでしょう?そもそも「音楽」とは何でしょうか?
 いつものように結論はきっと出ないと思いますが、音楽家たちの即興演奏や試行錯誤、あらたな発見、おしゃべりにおつきあい頂きながら、いつもと少し違う「オンガクの時間」をお届けできれば幸いです(ササマユウコ)。

Vol.3は坂本龍一氏の最新作『async』でも注目される笙・古代歌謡の石川高、『Sound&Recording編集人』の國崎晋さんを特別ゲストに迎えます。店内には鈴木モモがストリングラフィの糸を張り、アップライトピアノは機構を剥き出しに、言葉は「コトバ譜」に、目でも楽しめる音風景を編んでいきます。新春らしく、深淵で広がりのある音と言葉のある時間をお気軽にお楽しみください。

【現在ご予約受付中です】 メール improcafe.yoyaku@gmail.com
詳細は⇒http://www.facebook.com/improcafe/

♪♪♪

| | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »