« 2019年7月 | トップページ

2019年8月の2件の投稿

2019年8月21日 (水)

聾CODA聴②「境界ワークショップ研究会」のお知らせ(9月9日)

Photo_20190821101201

サウンドスケープの哲学から世界の内と外を思考する芸術教育デザイン室CONNECT/コネクトでは、2017年度アートミーツケア学会青空委員会公募プロジェクトとしてスタートした聾/CODA/聴のコレクティブな研究会の第2期をスタートさせます。

きこえる/きこえない、言語/非言語の境界に生まれるコレクティブなワークショップの可能性を探ります。
メンバーは第一期同様に雫境(聾、舞踏家)、米内山陽子(CODA、舞台手話通訳、劇作家)、ササマユウコ(音楽家、サウンドスケープ思考)です。
9月9日の公開研究会(@アーツ千代田3331)参加者を若干名受付いたします。どたなでもご参加頂けますのでご興味のある方は下記より詳細をご覧ください。

聾CODA聴②「境界ワークショップ研究会」お申込み詳細

◎アートミーツケア学会青空委員会公募プロジェクト2019に採択されました。

 

続きを読む "聾CODA聴②「境界ワークショップ研究会」のお知らせ(9月9日)"

|

2019年8月 5日 (月)

参加者募集中!「空耳図書館おんがくしつ♪おやこの時間」を開催します。

Photo_20190805135601

連日、熱中症になりそうな猛暑が続いていますね。小さなお子様と過ごすママ・パパはお出かけにも悩んでしまいそうです。
そんな真夏のど真ん中、8月16日(金)に、涼しい柏の葉T-SITE(蔦屋書店内)にあるT-KIDS柏の葉にて、「空耳図書館おんがくしつ♪おやこの時間」を開催します。
サウンドスケープの世界観がすべて詰まっているとも言える絵本『きこえる?』(はいじまのぶひこ作 福音館 2013年ブラティスラヴァ世界絵本原画展・金のりんご賞受賞)を題材に、サウンド・エデュケーションや音楽療法の視点を取り入れたワークショップです。夏のひととき、のんびり静かに深い時間はいかがでしょうか。
 進行役はササマユウコ(サウンド・エデュケーション)と三宅博子(音楽療法士)。いわゆる「おんがく」のワークショップとは一味違い、「音」や「きく」を入り口に世界との関わり方がちょっと変化するような時間です。子どもも大人も楽しめますし、親子の関係性づくりのヒントにもなります。会場となる蔦屋書店は児童書で埋められたまさに絵本の森。この森をもっと楽しく歩くためのヒントもお伝えします。

◎講師:ササマユウコ(音楽家、コネクト代表)
Sasama_20190911083201

  三宅博子(音楽療法士)

Miyakehiroko_20190911082801

プログラム提供:芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト

|

« 2019年7月 | トップページ