2019年7月12日 (金)

蓮の花のひらく音2019

  Workshop_image2 7月中旬、東京はお盆の季節になりました。この時期には毎年、昭和10年に掲載された朝日新聞「蓮の音論争」を軸に、日本文化に当たり前にあった「蓮の音がひらく音」が世の中から消えてしまった経緯、そして「きこえない音をきく」とはどういうことかを「耳の哲学」から思考しています。科学的/物理的に「音がする/しない」を言及する場ではなく、社会の中でひとつの文化や表現の自由が簡単に消えてしまった歴史があったこと、そこには人々が「内心の自由」を隠してしまう空気、軍国主義が背景にあったという事実を知って頂く場と捉えて頂けたら幸いです。  以下は毎年更新しながら掲載しています。・・・・

Photo

◎過去の記事では、軍国主義が色濃くなった1930年代の国内有音派・無音派の植物学者たちが、2度の夏に渡って不忍の弁天堂前の蓮音を巡って朝日新聞紙上で繰り広げた『蓮の音論争』をご紹介しています。2017年以前の記事は、ぜひこちらのリンクよりご覧いただければ幸いです。
・・・・・・・・・・・・・・・・
今回は2018年に続き「芸術と科学」の関係性について素人なりに考えてみたいと思いました。なぜなら、この「蓮の音論争」を一方的に収束させた無音派の切り札(言葉)が「科学の勝利」で、それは実学中心の現在のアカデミズムの状況と重なってみえたからです。加えて、日常から「表現の自由」が奪われていくような「戦前の空気」ともどこか似た気配を感じます。
 20世紀は「科学の時代」と言われました。約100年前とは言え、新しい科学技術が人々の暮らしや考え方や環境を大きく変えていく感覚は、現在のインターネットやAIと向き合う私たちと大差なかっただろうと思います。因みにこの「蓮の音論争」が繰り広げられた1930年代の日本も近代化が進み、すでに不忍池周辺工場の排気による環境汚染が問題視されていました。関東大震災の復興事業や地下鉄銀座線の開通、不忍の池の周りには都電も走り、決して「静かな」世の中ではありませんでした。当時の街の「騒々しい」サウンドスケープを想像しながら記事を読んで頂けたらと思います。
 もっと言えば当時のアメリカではすでに原子力爆弾の製造法が研究開発されていて、それを知る留学経験者(物理学者たち)も国内に存在していました。大人と子どもほどの技術格差がある大国との戦争に突入していく時代を、若い物理学者たちはどのように過ごしたのでしょう。その「内心」を知ることは出来ませんし、賢い人ほど口を閉ざしてしまったのかもしれません。なぜならこの国は、いつの間にか「戦争反対」を唱えた人たちが隣人の「密告」により捕まり、拷問を受け、殺されてしまうような恐ろしい国になっていたからです。自由を謳歌した大正デモクラシーから僅か10年ほどで社会は暗く変貌し、ジェットコースターのように軍国主義に「落ちて」いきました。もしくは強国に「上がっていく」と高揚感をもって時代に臨んだ人たちも沢山いたことでしょう。大震災を経てからの時代の流れもどこか今と重なります。
 「蓮の音論争」が起きるまでは、有音派の植物学者も「非科学的」などと言及されずに存在していました。科学の中にも多様性があったのです。それが地球上に生息する蓮の花すべてを検証したエビデンスがあるわけでもなく、強引にひとつの意見に統一されていきます。「蓮の音をきく」ことは「風流すぎる」と軍国主義が嫌ったからです。そして「科学の勝利」と新聞に書かれた途端(突っ込みどころ満載の「非科学的な」実験だったにもかかわらず)、呆気ないほど簡単に「蓮の音」は社会から消えてしまいます。その冬には226事件が起き、クーデターを起こした多くの青年将校たちが処刑されます。軍国主義に舵を振り切った象徴的な年でした。
 国中の人たちが監視し合いながら「非国民」と密告されることを怖れ、「本心」を隠して大きな力に飲み込まれていきます。「勝利」を信じて(または信じたふりをして)「お国のために」すべてを差し出し、戦争に参加する道だけが残されます。国民には選択肢がないのです。戦争を視野に入れたメディア報道や教育による「刷り込み」が子どもたちに及び、「兵隊さん」になってお国のために戦うこと、命を捨てることを「美徳」として望むように育てられます。当時の朝日新聞「蓮の音論争」の記事の隣には、すでに都内で始まっていた空襲訓練を苦に一家心中した有識者家族の記事が大きく掲載されています。それはどこか「負け組」として扱われている印象があります。メディアもすでに戦争の加担者でした。
 ちなみに朝日新聞紙上で「科学の勝利」を謳ったのは「日本の植物学の父」と言われた牧野富太郎氏でした。牧野氏は音楽会をひらき自ら指揮者をするような文化愛好家の一面もありました。また東京帝国大学の’聴講生’の立場から、最終的には博士号を授与された稀有の天才科学者でもありました。この実験時にはすでに70歳を越え「権威」でしたから、科学者として「無音宣言」は正しかったのだろうと思います。さらに注目すべきは、日本中を焦土にした戦後に全く違う理由で「科学的根拠」をもって「蓮の音」をふたたび否定した人物の存在です。それは誰よりも蓮を愛し、自宅で検証も積み重ねていた植物学者の大賀博士でした。大賀博士はなぜ「蓮の音はしない」と言い切ったのか。それは「カミカゼ」という「幽音(きこえない音)」を信じて戦争に邁進した盲信的な日本の「国民性」への反省と批判があったからです。ふたりの科学者の動機はまったく違いますが、この「権威の裏づけ」は決定的でした。昭和の高度経済成長期は「日進月歩」の科学技術の恩恵を受けていたので、この国の人たちはふたたび「蓮の音をきく文化」を忘れてしまったのです。気づけば芸術さえも「科学的であること」「ロジカルであること」が求められるようになりました。論拠の弱いモノ・コト・ヒトは排除する。「非科学的」であることと「言葉にできないこと」が同義として語られ、逆に言えば「言葉にできること」だけが世界のすべてになっていきます。
 そして2011年3月。衝撃的だった「想定外」の言葉とともに人類史上最悪の原発事故が起きました。その事故の背景には「ブレーキのない自動車を走らせる」ような杜撰な「最先端科学技術」の実態も見えました。そして事故から10年足らず、まだ何も解決していないどころか事態は悪化しているにも関わらず科学技術は現実逃避のようにAIに邁進し、ブレーキを開発出来ないまま再び原発すら動かそうとしています。その「非科学的な」背景にはいったいどのような思考があるのでしょうか。
 芸術と科学は本来、岡本太郎が提唱した「調和は衝突」の関係性にあるのだと思います。もともとは森羅万象、言葉に出来ないことも含めてひとつの学問だった。科学者の言う「想定外」は、芸術にとっては必要不可欠な「イメージの力」です。現代科学が到達できない「非言語」の領域を補えるのが芸術、科学の社会的な暴走を抑えるのは倫理や哲学です。「科学的なデータ/数字」が社会を息苦しくすることもあります。なぜなら「科学的根拠」も決して「正解」ではないからです。それは未曽有の原発事故が教えてくれました。
「蓮の音を聞いた」と言う人を「非科学的である」と言葉で封じ込めるような権利は、実は誰にもないと考えます。百歩譲って科学に寄り添っても、この広い世界には2000種類以上の蓮が存在し、土壌や環境、蓮の生命力の個体差も含め、すべての可能性を「ゼロ」だと実証することは不可能だと思うからです(あの大賀博士さえ検証は70種類ほどでした)。「想定外」の存在を否定せずに柔らかに想像の翼を広げること。社会全体がイメージすることを止めてしまった時には戦争が待っているかもしれない。それこそ想定外の時代がやってくるかもしれないことを、「蓮の花の音」をめぐる歴史が教えてくれるのです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記)つい先日、音楽文化団体であるJASRACが音楽教室に「調査員」を2年間に渡って忍ばせていたニュースが注目を集めました。20年来この団体と契約している自分にとってそれは驚愕すべき、悲しむべき事態でした。文化や音楽家の正当な権利を守るはずの団体が、おそらく上記のような歴史を知らず(知っていたら大問題ですが)、日常に「密告者」を送りこんでしまう。その無自覚な綻びから社会の空気はあっという間に変わってしまいます。団体の在り方には内側からも積極的に疑問の声をあげていきたいと思います。それが例え小さな声であっても。
参考文献:『朝日新聞』昭和9年、10年、『音さがしの本~リトル・サウンド・エデュケーション』(M.シェーファー、今田匡彦、春秋社)
 Photo_20190712171501
・・・・・・・・・・・・・
芸術と学術、人と人。つなぐ・ひらく・考える「芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト
代表:ササマユウコ記

| | トラックバック (0)

2019年7月11日 (木)

【耳の哲学】最期のオンガクとは何か、を考えるということ。

2019今年で10年11回目となるホスピスコンサート「Mother Songs」が無事に終了いたしました。ここ数年この時期が巡ってきますので、星や宇宙に想いを馳せた「サウンドスケープ」のお話もさせて頂きました。関わって下さったすべての皆さまに感謝いたします。当日の雑感などはこちらからご覧いただけます⇒

◎ササマユウコ個人ホームページ
◎ササマユウコFacebook(マイルール:お友達申請は原則として実際にお会いした方。フォローはご自由に)
◎ササマユウコ/YukoSasama Instagram @YukoSasama

芸術と学術、つなぐ・ひらく・考える「芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト」ホームページ

|

2019年7月 1日 (月)

空耳図書館おんがくしつ♪「きのこの時間①」終了しました!

Fb_20190712172101  [キーワ ード]きのこ、サウンドスケープ、散歩、哲学カフェ、都会の森、老若男女、運動不足、異文化交流、美術/音楽
空耳図書館おんがくしつ♪では、World Listening Day(M.シェーファーの誕生日)にちなみ7月18日に「きのこの時間」を実施いたします。都会の森の「きのこのある風景」からサウンドスケープの哲学とは何かを思考する空耳散歩。ご興味のある方はどうぞお気軽にご参加ください。※筆談対応もいたします。
This is a soundwalk to find mushrooms in urban forest,and to think about 'Soundscape Philosophy'. Related to WLD2019(M.Schafer's Birthday)

◎詳細は以下のFacebookイベントページにて。
実施日7月18日(木) 朝9時から9時30分の間に集合できる方
歩く場所 明治神宮内
参加費:2000円(資料、レクチャー込) 案

内人:小日山拓也、ササマユウコ
定員:上限10名(最低遂行人数1名)
お申込みは空耳図書館窓口:soramimi.work@gmail.com (件名「きのこの時間」①お名前、②緊急連絡先)

主催:お問合せ
芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト tegami.connect@gmail.com

|

2019年6月 1日 (土)

『建築ジャーナル』6月号「散歩」特集に寄稿しています。

本日発売の『建築ジャーナル』6月号の散歩特集でササマユウコが渋谷の街をサウンドウォーク(音の散歩)で歩き、音のない音楽作品「渋谷の空耳」を寄稿しています。同じく路上観察学会分科会からは鈴木健介(舞台美術家、青年団所属)も漫画で散歩しています。サウンドスケープ思考の都市論、またサウンド・エデュケーションとしても興味深い特集です。他4名の方の散歩の視点もとても興味深いので、是非ご覧ください。大型書店、または出版社サイトからもご購入頂けます。

◎建築ジャーナルサイト

|

2019年5月22日 (水)

第8回即興カフェ「満月|森羅万象に耳をひらけ!」終了しました

2019 Photo_71  年5月 19日第8回即興カフェ「満月|森羅万象に耳をひらけ!」が注目のアーティスト・ラン・スペース府中メルドルさんにて終了しました。以下、Facebook専用ページから当日のダイジェスト(2時間半のうちの2分)や写真、企画者ふりかえり等がご覧いただけます。ぜひ過去回の動画とも見比べながら「音楽とは何か」を考えるきっかけの入り口にして頂ければ幸いです。見事に全回で生まれた音風景が違う。その違いは演奏者や音、場所やテーマ(言葉)によって生きもののに変化する。音楽を「音の風景」と捉え直したとき、それまでは世界から配されていた音がウチに入ってくる。いろいろな気づきがあると思います。「サウンドスケープの哲学から新しいオンガクのかたちを実験する」精神はこれからも失わず、果敢に挑戦できたらと持っています。

Facebook「即興カフェ」専用ページ www.facebook.com/improcafe


芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト コネクト通信2019年5月号Piano

|

2019年3月28日 (木)

ササマユウコ活動情報

 1 ササマユウコの活動情報は以下のSNSやホームページからご覧いただけます。
Yuko Sasama
1964年東京出身。4歳よりクラシックピアノを10歳より楽典を学ぶ。都立国立高校、上智大学文学部教育学科(教育哲学、視聴覚教育)卒。大学卒業後は日本初の一芸入社(音楽)でセゾン文化メディア総合職に。映画配給と音楽活動の並走から紆余曲折、2001年神楽坂BEN-TEN Records設立。ひとりインディーズレーベルの先駆け。全6作品は全国販売を経て2007年よりN.Y.The Orchard社より世界各国で聞かれている。Spotifyで累計80万ダウンロード以上。
2011年の東日本大震災・原発事故が「音楽とは何か」を考え直す転機に。同年よりカナダの作曲家M.シェーファーのサウンドスケープ論を耳の哲学として研究(弘前大学大学院今田匡彦研究室2011~2013)。同時期に町田市生涯学習部まちだ市民大学の企画運営担当。この経験を活かして2014年芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト代表。芸術と学術を「つなぐ・ひらく・考える」視点から21世紀のリベラルアーツとしての芸術活動を実践考察中。

◎ホームページ
・ササマユウコ個人 www.yukosasama.jimdo.com
・BEN-TEN Records www.bentenrecords.jimdo.com
・芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト(代表ササマユウコ) www.coconnect.jimdo.com

◎Facebook
・ササマユウコ個人 @yukosasama.7
・即興カフェ    @improcafe
・芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト @coCONNECTnet
・聾/聴の境界をきく @Deaf.Coda.Hearing
・生きものの音 @ikimonono.oto
◎Twitter @lifeasmusic
◎Instagram @yuko_sasama

◎リベラルアーツとしての音楽教育でこんなことが出来ます。
サウンド・エデュケーション(専門知識・経験を必要としない音のワークショップ・音の散歩)、即興
演奏ワークショップ、サウンドスケープ論(耳の哲学)レクチャー、執筆等のご依頼など。※ワークショップには専門知識や音楽経験は必要ありません。コミュニケーション、環境学習などへの応用も。
 tegami.connect@gmail.com までお願いいたします。

所属学会:日本音楽教育学会、アートミーツケア学会、日本音楽即興学会
最近の執筆:音楽教育実践ジャーナル(『内と外を柔らかにつなぐ耳~音のワークショップ、あるいは気づきのあるプロセス』2015.3月号 査読付き論考)、音楽教育学、東京迂回路研究(「耳の哲学/詩の考察」)など。
最近のプロデュース企画:即興カフェ(サウンドスケープの哲学から新しいオンガクを実験する)、空耳図書館(哲学カフェ、非言語読書会)、協働プロジェクト「聾/聴の境界をきく」
助成歴:アートミーツケア学会青空委員会、日本音楽即興学会

写真左上から)即興カフェ(2018.8.17下北沢Halfmoon Hall 雫境、ササマユウコ、鈴木モモ)|空耳図書館(ベビーフェスタNPO法人らいぶらいぶ)|即興カフェ(音と言葉のある風景2018.1.20 Haden Books ササマユウコ、國崎晋、石川高、鈴木モモ)|(下左)カプカプ祭(横浜市ひかりが丘団地 福祉作業所)|座談会@下北沢B&B「生きることは即興である~それはまるでヘタクソな音楽のように」(若尾裕、新井英夫、ササマユウコ)森で音探し(音の散歩)
Sasama  
Photo_68Fb

  Img_8566Img_8519Photo_69

|

2019年1月 4日 (金)

2019年もどうぞよろしくお願いいたします

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 2011年3月からの日々は本当に人生の大きな転換期だったと思います。町田市生涯学習部と弘前大学今田研究室を並走しながら、2014年に芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト設立。その間に『生きものの音』プロジェクトは10年、そして初CD『青い花』からも20年という時間が経ちました。即興カフェ、空耳図書館、聾者の音楽、路上観察、カプカプ、、「サウンドスケープ」を耳の哲学に素敵な出会いや時間が次々と生まれていきました。2019年も引き続き、この時間は続きます。高齢者と受験生、日々の課題もきっと大きな音楽となって活動と響き合っていくことでしょう。
変ること、変わらないこと、変わらねばならないこと、変えたくないこと・・時代の変わり目を、しなやかに乗り切っていきたいと思います。生きることは即興である!

皆さま、よき1年をお過ごしください。

音楽家・ササマユウコ
www.yukosasama.jimdo.com
www.coconnect.jimdo.com

Photo

|

2018年12月31日 (月)

次回「即興カフェ」2019年2月2日開催「節分前夜|ウチソト、ソトはウチ」

Fb_2









【予約アドレスに誤りがありました】
正しくはimprocafe.yoyaku@gmail.com

詳細はFBイベントページにて
www.facebook.com/improcafe

即興カフェVol.7

「ウチはソト、ソトはウチ」
2019年2月2日(土)15時~17時30分
場所:四ツ谷サロンガイヤール

内輪の実験:15時頃から30分程度の即興セッション

外輪の実験:16時~17時30分

2018年1月に開催した「音と言葉のある風景」人気シリーズの第2弾です。節分の由来やオニ・フクを紐解きながら、音と言葉をつなぎさまざまな「ウチとソト」をつなぐ参加型の哲学カフェ。

実験者( )内は使用楽器:石川高 (笙・竿う/古代歌謡)、鈴木モモ(ストリングラフィ)、國崎晋(secret)、ササマユウコ(ピアノ)

助成:日本音楽即興学会

参加料(円):一般 ご予約2500/当日3000  日本音楽即興学会会員2500 大学生以下2000
ご予約:improcafe.yoyaku@gmail.com 【お名前・緊急連絡先】
定員:20名程度

主催:即興カフェ Produce:Yuko Sasama  Curate:Momo Suzuki

お問合せ芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト内(ササマユウコ) 

Fb

Fb_2

| | トラックバック (0)

2018年11月 1日 (木)

「即興カフェ」からのお知らせ

Fb

ササマユウコがプロデュースする「サウンドスケープの哲学から新しいオンガクのかたちを実験する 即興カフェ」から

【お知らせ】
①8月17日に実験した「真夏の夜に|言葉のない対話」の12分版動画が11月末までの期間限定で公開されています。www.facebook.com/improcafe

いわゆる「パフォーマンス」や「表現」ではなく、あくまでもオンガクと言葉の間、聾と聴の間にある「境界」で非言語の対話を目指しています。ただしこうしてみると、演奏や物語に見えてくるから不思議です。

対話した人:雫境(聾の舞踏家)、鈴木モモ(ストリングラフィ)、ササマユウコ(ピアノ)
手話通訳:米内山陽子(劇作家)
協力:松波春奈

②次回『即興カフェ Vol.7」は2019年2月2日(土)15時30分から開催予定です。今年1月20日に開催した「音と言葉のある風景」第2弾として「即興前夜|ウチはソト、ソトはウチ」を予定しています。
出演:石川高(笙・古代歌謡)、鈴木モモ(ストリングラフィ)、國崎晋(シンセ)、ササマユウコ(ピアノ)
助成:日本音楽即興学会

※詳細は11月後半にSNS等で告知していきます。どうぞよろしくお願いいたします。

即興カフェ  Produce:Yuko Sasama Curate:Momo Suzuki
お問合せ:tegami.connect@gmail.com (芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト内)

| | トラックバック (0)

2018年9月 2日 (日)

芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト代表として

この秋は2014年に立ち上げて5年目に入った「芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト」の活動をふりかえる機会がいくつかあります。以下の文章は専用Facebookに掲載して反響も大きかった記事なのでこちらにも転載します。「場の在り方」を通して自分の頭の中にあるサウンドスケープを提示してきたつもりはありますが、その場で言葉で伝えることはあまりしてこなかったのかなと。だから肩書「音楽家」なんだけど...とも思いつつ、やはり世界は言葉で出来ていることをあらためて実感する今日この頃です。ちなみに今後は非言語コミュニケーションを中心に考察するだろうことはかなり明確に見えてはいるのですが、またこれも難題です。サウンド・エデュケーションについても弘前大今田研究室の最新研究と連動しながら、音楽教育の新しい視点も紹介していけたらと思っています。

2018コネクトには時おり若い研究者(の卵)やアーティストが訪ねてこられます。昨日も「言語人類学」の領域から手話や音楽を研究する東京大学の院生さんが遊びに来て下さいました。私の「頭の中を知りたい」ということで、さてこれがなかなか難しい。有機的につながっていく活動の「音の風景(サウンドスケープ)」を言葉化することに3時間苦戦しました。反対に「インタビュー」して頂くことで思考が整理されていくことも多々ありました。なので、今後インタビューは積極的にお受けしたいと思いました(笑)。
 2014年に立ち上げた「芸術教育デザイン室CONNECT/コネクト」は、もともと2011年の東日本大震災を機に弘前大学大学院今田匡彦研究室でサウンドスケープ(耳の哲学)研究を始めた音楽家・ササマユウコの実践拠点としてスタートしました。オフィスは相模原市立市民・大学交流センター内にある任意団体です。公共施設を拠点に選んだのは同時期に「まちだ市民大学」に仕事で関わり「さがまちコンソーシアム」の存在を知ったという経緯もあります。
 コネクトは「つなぐ・ひらく・考える」をテーマにプロジェクトごとにチームを編成する「中心点」のような存在です。当初は民官の中間支援的な活動も考えましたが、サウンドスケープの内側=市民(アーティスト)主体で小回りが利く有機的な活動の在り方を模索しました。今年度は地域活動を視野に入れたアーティスト・イン・レジデンスに沼下桂子さん(女子美術大学版画研究室講師)にも関わって頂いています。
 大学と団体よりは、研究者と芸術家、顔の見える「個人と個人」のつながりを大切にしています。その小さな活動の密度に、今の時代に置き去りにされがちな「個の力」の可能性を感じます。外からはなかなかわかりづらいですが、この「個」が「音の風景(サウンドスケープ)」のように編まれている活動だとご理解頂けると嬉しいです。これは弘前の研究室がここ数年掲げている「小さな音楽」という概念に共鳴しています。
 これまでの主なプロジェクトには、「路上観察学会分科会」(異分野アーティスト交流)、「空耳図書館のはるやすみ」(子どもゆめ基金助成事業)、「即興カフェ」(新しいオンガクの実験)、「協働プロジェクト 聾/聴の境界をきく」(2017アートミーツケア学会青空委員会助成公募プロジェクト)
等があります(活動開始順)。第一線で活躍するアーティストや研究者たちが分野を越えて「境界」に集まることで柔らかな場が生まれています。この他にも自治体の「音のワークショップ」等を個人的にお受けしていましたが、この1年くらいで個人活動とコネクトが不可分な存在になってきていると感じます。
 あくまでもその在り様(音風景)が「オンガク」であるように。もちろんそこには「ノイズ」も含まれますし、それこそが豊かさや多様性にもつながります。ではそのオンガクとは何か?何がオンガクか?というお話は、長くなりますのでまたどこかで機会を持ちたいと思います。長文失礼いたしました(サ)。

Photo

芸術教育デザイン室CONNECT/コネクトの活動にご興味のある方は以下サイトのメール・フォームよりお問合せください。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧